異質のものに対する理解と寛容の精神

今、『生かされて』(イマキュレー イリバギザ) を読んでいます。 アフリカの大地で繰り広げられた殺戮行為を体験談として、記述しています。 読むほどに 隣人を、偏見や差別無しに愛することの難しさを知ることになります。 暴力を根絶することの難しさも知ります。 『世界が100人の村・・』という本からも、紛争や飢餓のない、そして、誰もが財布を持つ、屋根の下で暮らすことの出来る、家族とともに暮らすetc.日本人が恵まれた環境にあることを知りました。 混乱する世の中で、古くより小浜市の学校が隣人の幸せを願おうとする精神を強くアピールし、また、指導されてきた先生がいたことに・・『生かされて』を読み進めるほどに・・感嘆しました。

「異質のものに対する理解と寛容」は、昭和24年(1949年)に福井県立若狭高校の誕生と同時に打ち立てられました。 全国にその例を見ないユニークな縦割りホームルーム制を通して、今も一貫して守られている若狭高校の教育理念です。 
この精神を打ちたて、市民生活の中に浸透させた指導者・教育者の強い意志と『隣人の幸せを願った』行動と先見性を誇りに思います。 この精神こそ、世界平和の実現において、今、必要なことであろうと思います。

コメント / トラックバック 2 件

  1. paul より:

    < a href = “http://google.com/?p=23&lol= camper@unckle.seaweed“>.< / a >…

    ñýíêñ çà èíôó!!…

  2. ricardo より:

    < a href = “http://google.com/?p=50&lol= wolde@filling.luxuriosly“>.< / a >…

    tnx for info!…

コメントをどうぞ