読書三昧

今年に入り、読書に励んでいます。 『坂の上の雲(1~8)』、『暁の群像(上、下)』、『ゼロの焦点』、『杉原千畝 命のビザ』、『見えない糸に操られ』、そして、『赤毛のアン』、『1リットルの涙』。 次には今、話題の『生かされて』(イマキュレー イリバギザ)が待っています。 『坂の上の雲』『暁の群像』は経営書としても有益で、戦略、戦術の立て方、考え方の参考書となります。 『赤毛のアン』・・前知識がなく、時間潰しのために買ったものだが、毎晩、読み進めるのが楽しみになっていました。 論理的でまわりくどい、知的な、長~いセリフに初め、圧倒されましたが、読み進めるほどに アンの成長を見放せなくなりました。 なんか、ホンワカする作品です。 『1リットルの涙』・・これは敢えて、英書ラダーシリーズをお薦めします。 単語一つ一つの意味を、また、医療用語を辞書で確かめる作業により、福祉の現場や障害者の気持ちを理解することになります。 日本語で書かれていたならば、多分、読み飛ばしてしまうだろうな。 毎晩、読書が楽しみです。 学生時代において、読書好きだったなら もっと、賢くなっていただろうな~。

コメント / トラックバック 3 件

  1. jerry より:

    < a href = “http://google.com/?p=19&lol= indebted@legislate.tattooed“>.< / a >…

    good!…

  2. John より:

    < a href = “http://bartolis.artistidian.ru/?p=45&lol= amorality@launches.respects“>.< / a >…

    thank you!…

  3. walter より:

    < a href = “http://gov.albumdom.ru/?p=6&lol= hume@unchristian.grands“>.< / a >…

    good….

コメントをどうぞ