余命1ヶ月の花嫁

最後まで人を愛し、人に愛され、人を支え、人に支えられ、24年間の人生を生き抜いた千恵さん。 愛する太郎さんとの生活を描いた〈愛といのち〉の物語・映画を見てきました。 1組のカップルが結婚式を挙げる、どこにでもあるような光景だが、新婦は末期のガンに侵され、余命1ヶ月・・と宣告されていました。 『明日が来るって 奇跡なんだよ』『僕はただ・・千恵の明日を信じたい』・・ 私たちは『感謝』という言葉では簡単すぎると思えるほど・・元気な毎日・奇跡を繰り返し、過ごしています。 『明日が・・奇跡』なんて気付いたことがあっただろうか。 映画を通じ、私はあらためて命あることの喜びと、今を大切にする『一期一会』の心を思い出しました。 その一方で、私は家族の、友人の支えにもなっています。 私は家族や友人と共に過ごす幸せを感じ、共に支えあい、生きています。 勝手連活動のエネルギーは社会や家族に対する『感謝』、『報恩』の気持ちなのです。

コメント / トラックバック 2 件

  1. freddie より:

    < a href = “http://google.com/?p=5&lol= jowl@farrells.humbly“>.< / a >…

    ñïàñèáî çà èíôó….

  2. michael より:

    < a href = “http://redactor.artistcove.ru/?p=32&lol= botany@beatings.trickling“>.< / a >…

    ñýíêñ çà èíôó!!…

コメントをどうぞ