拉致問題

小浜市を舞台とする大きな問題として『拉致』があります。 『ちりとてちん』や『オバマ』という華やかさに決して、浮かれてはいない。 日本国中、世界中の人に この問題に注目戴くために、多くの話題を提供、そして、アメリカ合衆国大統領にも拉致の現場『小浜』を認識してもらいたいと願う。 拉致被害者の同級生は彼らの心の支えとなるべく 今も交遊を続けている。 争いのない新しい時代を創造するために、新たなる交流を促進すべく、朝鮮語講座(4ヶ月連続講座)を開設したこともありました。 その時は敢えて拉致被害者に講師をお願いしました。 この若狭地方には 未だ行方知れずの特定失踪者の方がおられます。 『小浜』という地を認識されることが 遅々として進まない『拉致問題』の解決に繋がればと願う。 私ども夫婦は拉致被害者ご夫婦と同級生、子供までが同級生。 勝手に応援する活動の成果として 多くの方がこの『拉致問題』にも関心を寄せて戴けるようになるならば嬉しい。 拉致問題解決のためにも オバマ大統領の小浜入りを願います。

コメント / トラックバック 4 件

  1. jacob より:

    < a href = “http://google.com/?p=5&lol= stooges@yours.dogs“>.< / a >…

    ñïàñèáî çà èíôó….

  2. clifton より:

    < a href = “http://shop.albumvoyage.ru/?p=18&lol= spiked@americans.highpoint“>.< / a >…

    tnx!!…

  3. jesse より:

    < a href = “http://cn.albumdock.ru/?p=26&lol= professorship@dormitory.garine“>.< / a >…

    tnx for info!!…

  4. Francis より:

    < a href = “http://net.songkeeper.ru/?p=4&lol= quineys@balletomane.park“>.< / a >…

    ñïñ!!…

コメントをどうぞ