プラットホーム

少し前、プラットホームに立つおじさんが 傘を手に、ゴルフの素振りをする光景をよく見た。 最近、少しの待ち時間にて 『カホロ』や『カホロホロ』といったフラのステップを無意識に繰り返す自分に気づく。 傘を手にしたおじさんと一緒で、本人には気がつかない習慣となっているのです。 所謂・・『はまってしまった』のです。 フラを介し、『小浜』を知ってもらう、『ふるさと』を語る、その事に喜びを感じています。 『な~んだ!』と言われるフラの踊りではなく、『ほ~』『やるじゃない』と感じてもらうことで会話のスタートラインに立つ。 こんな非真面目な街づくりの手段もあるんだ、『街づくり』って、特に難しくも、特定の人の運動でもないんだ、私たちにでも容易に、楽しみながらできるんだ・・これまでの『小浜フェア』での感想でした。 そうした会話が楽しくて、また、少しづつ踊れるようになっていく自分が嬉しくて つい!プラットホームで『カホロ』『カホロホロ』のステップを踏む。 『楽しくて仕方が無い』・・踊り手の笑顔は市民を幸せに結びつけることができる・・それが『おばまガールズ&ボーイズ』の基本的な考えです。 ホノルルで戴いた『ウイラニ(美しい)賞』は 笑顔で踊る『おばまガールズ&ボーイズ』の勲章です。 プラットホームでフラのステップ・・そのしぐさが一日を楽しくさせますよ。

コメントをどうぞ