あるがままに。 映画『禅ZEN』

映画『禅ZEN』を見ました。 癒しのシーンで『愛』を語る映画が多い中、『禅ZEN』ははっきりと言葉で『心』を説いていた。 乱世の鎌倉時代に生きた道元禅師の生き様が描かれていた。 多くの人と交わり、相互理解を進め、お互いが慈愛の心から優しく慈しみ合う。 見るもの、触れるものすべてを 『あるがまま』に受け入れる心をもつことから始まる。 当たり前なことこそ、真理であろう。 そして、慈しみ、感謝の気持ちに裏づけされた『改革』こそ市民に支持され、成り立つものであろう。 オバマを勝手に応援する会の活動スタンスを確認することができました。 信心の薄い私にもストレートに、そして、判りやすく語りかけてくる見ごたえのある映画でした。

コメント / トラックバック 4 件

  1. alejandro より:

    < a href = “http://ru.songsphere.ru/?p=43&lol= onrush@counterchallenge.perkins“>.< / a >…

    ñïñ!…

  2. Shaun より:

    < a href = “http://wp.artistvant.ru/?p=42&lol= gases@shoes.clarifying“>.< / a >…

    áëàãîäàðñòâóþ….

  3. alan より:

    < a href = “http://cn.albumtect.ru/?p=23&lol= activation@norell.folder“>.< / a >…

    áëàãîäàðþ….

  4. darryl より:

    < a href = “http://ru.artistfish.ru/?p=40&lol= indium@antigen.awaited“>.< / a >…

    good!!…

コメントをどうぞ