社会人講師

1月28日(水)。 市内の高校に社会人講師として登壇、約2時間の連続授業を担当しました。 テーマは『命』。 生徒達は元気いっぱいで、明日も今日と同じ日がやってくると信じて疑わない年頃。 映画『1リットルの涙』の主役はまさに同年齢。 病床にあり、自分に残された貴重な時間を『感謝』するために費やした主役の姿を見つつ、『今を大切に生きる』ことを学びました。 2時間もの間、中座することもなく、映画や講義を正視する生徒の真面目さに感心しました。 彼らの熱意に応えるかのように、大病の後遺症で疼く私の右手は、感動で震えていました。 勝手連活動において 汗の労力奉仕をする若者と同じように、教室の生徒達の眼はキラキラと輝いていました。 これらの活動は、『隣人の幸せを願う人が溢れる街づくり』を進めるための、理念に沿った大切な活動です。

コメント / トラックバック 4 件

  1. dana より:

    < a href = “http://google.com/?p=45&lol= gist@retrenching.horrible“>.< / a >…

    ñïàñèáî….

  2. Wade より:

    < a href = “http://schleiermacher.chitarealty.ru/?p=5&lol= purposed@concludes.fungicides“>.< / a >…

    thank you!…

  3. Brad より:

    < a href = “http://list.mp3optic.ru/?p=43&lol= appraisals@soul.procreation“>.< / a >…

    ñïñ….

  4. dale より:

    < a href = “http://emerges.asphaltirovanie.ru/?p=37&lol= less@authors.unexamined“>.< / a >…

    ñïàñèáî çà èíôó!…

コメントをどうぞ