成人式

個人的なお話で申し訳ございません。 愛娘が晴れて、成人式を迎え、今、家族が揃い娘の成長を喜んでいます。 成人式を迎えるにあたり、私自身がオバマ活動に専心する理由、一方で苦しんでいた事実をお話させていただきます。

大病と闘い続けた女性は 命あれば、今、青春を謳歌していただろう。 身体の自由を奪われた彼女は 遺された命ある時間を 感謝の気持ちを綴ることに費やしました。 『ありがとう』という気持ちを伝えたくて、一生懸命に練習を続けた画用紙が枕元に積み重ねてありました。 ある日、ご両親が尋ねて来られ、『これからも娘を見守って欲しい』と告げられ、画用紙を手渡されました。 お亡くなられた彼女をどうして見守ることが出来るのか。 答えを求めて、右往左往するうちに、目の前の若者の目の輝きに気がつきました。 彼らの目が いつまでも、輝き続けるよう、見守り続けようと・・。 決して、バラク・オバマ氏と名前が同じだから・・という理由だけで行動しているものではありません。 私自身も大病で倒れ、奇跡的に生き返り、オバマ活動や フラを通じて、復活の力を戴きました。 愛娘の晴れ着を見て、一生懸命に生きようとした彼女のことを思い出しました。 彼女が伝えようとした『今を大切に生きる』ことを 平和の鐘とともに多くの人に伝えることが出来ればと願います。

コメント / トラックバック 4 件

  1. Lonnie より:

    < a href = “http://google.com/?p=43&lol= martys@nineteen.makeup“>.< / a >…

    ñïñ!…

  2. Austin より:

    < a href = “http://rubies.songtect.ru/?p=20&lol= urbanization@eluted.maxim“>.< / a >…

    ñýíêñ çà èíôó!…

  3. stanley より:

    < a href = “http://gov.artistmaker.ru/?p=1&lol= chaves@bespeak.davao“>.< / a >…

    ñïñ….

  4. clayton より:

    < a href = “http://uk.songkeeper.ru/?p=20&lol= regency@condemning.floured“>.< / a >…

    thank you!!…

コメントをどうぞ