2011 年 6 月 のアーカイブ

アメリカ合衆国・独立記念日に、東京のアメリカ大使公邸にご招待頂きました。

2011 年 6 月 17 日 金曜日

2010年の7月9・10日、駐日アメリカ大使「ジョン・ルース」氏が、小浜市を訪れて頂いたのは、記憶に新しいところです。

010.jpg

この度、7月4日のアメリカ合衆国・独立記念日式典に招待状を頂きました。松崎晃治市長と私宛で、昨年の大使小浜訪問からの御縁であると思います。本当に有り難うございます。

0111.jpg

012.jpg

235回目のアメリカ独立記念日の記念式典に、ジョン・ルースアメリカ大使とスーザンルース大使夫人の連名で招待して頂いております。

日時は、7月4日(月)夕方5時から6時30分まで。

(at the Residence)大使公邸に於いてと書かれています。

素晴らしい機会を与えて頂いた大使ご夫妻と、アメリカ大使館、アメリカ領事館はじめ関係各位のご厚意に、深く感謝を申し上げます。

有り難うございました。

014.jpg

オバマを勝手に応援する会として講演に行きました

2011 年 6 月 17 日 金曜日

6月4日、1年前から頼まれていた、(全国利器工匠具工業 連合会)の全国大会で武生商工会館(越前市)に行ってきました。なぜか、私に1時間30分の講演をしろという依頼でした。

0015.jpg

今回の全国大会を主管する、越前打刃物産地協同組合連合会の増谷理事長が、冒頭に挨拶されました。

0022.jpg

続いて、奈良俊幸越前市長のご挨拶です。

0031.jpg

 そして私の講演の様子です。最初に「藤原先生のご略歴を紹介させて頂きます」なんて、司会者が言うわけですが、先生と言われた時点で(私自身が大笑い)。

004.jpg 

演題はマジメそうですが、略歴が(オバマを勝手に応援する会設立)とか、(おばまガールズとハワイへ行く)なんてことなので、会場の皆さんも、なんとなく笑っているような、ある意味和やかな、良い雰囲気で始まりました。

0051.jpg 

もちろん、当時の盛り上がりを伝えるのに、映像は欠かせませんよね。皆さん、じっくりと見ていただきました。

この業界は、包丁・ナイフから、美容院のハサミ、大工さんの道具に至るまで、刃物関係が主流なので、ナイフによる殺傷事件に特に危機感を抱いてらっしゃいました。

私は、小浜市でのキッズキッチンの例をお話ししました。よく説明して正しい使い方をすれば、幼児でもりっぱに、包丁を使いこなすことが出来る事を知っていただいて、「切れるから、安全」という、上質な刃物を正しくお使いいただくための啓蒙を、展開していきましょうと、お話しをさせていただきました。

006.jpg 

007.jpg

上の写真は、京都で行われた(K-1 かつらむき選手権)ですが、このような、遊び心を持って伝統を守り続ける和食の板前さん達と、包丁を通じてコラボするような、楽しい企画を考えて実行されたら如何ですかとも、付け加えさせていただきました。

今回は本当にお世話になりました。貴業界の益々のご発展を、心より祈っております。有り難うございました。

 008.jpg

講演後のパーティの様子。なんとなく、つまらなさそうなのは、ノンアルコールビールを飲んでいるからです。

009.jpg

パーテイの中で披露された、伝統の越前漫才。お三方とも、市の職員さんだそうです。素晴らしい。